命の感動!! 4月1日の「音楽と絵本」の世界へご招待

タブラを、自由に自分の言葉のように操るインドのアリフが描く海から、 波の音が聞こえ、
海の生き物たちの声が語りを通して聞こえてくる。
二人のアーティストの描く海の生き物の世界が一つとなり、 私たちに問いかける!

日時 2010年4月1日(木) 開場 13時  開演 13時30分 -
場所  東京・目黒パーシモンホール 小ホール
http://www.persimmon.or.jp/know/access.php#b
入場料:2500円

昼の部 「海・水・生命」-語りとタブラによる『大亀ガウディの海』




画像


出演

語り   古屋和子
タブラ  アリフ・カーン
出演アーティスト紹介 

ARIF KHAN(アリフ・カーン)
 
タブラ・アーティスト  1986年生。850年もの長い歴史をもつタブラ奏者の家系、ファルカーバード派第34代。2歳からタブラ演奏を学び6歳でデビュー、数千人の聴衆を魅了した。以来古典と現代音楽を取り入れた演奏スタイルで、インドのほか、バングラデシュ、アメリカ、ドイツなどで演奏活動を行う。


古屋和子(ふるやかずこ)
語り手  「明空風堂」を主宰。説教・平家・近松等の古典作品や鏡花・中島敦等の近代古典から童話まで、幅広い語りの世界を展開している。2009年に「大亀ガウディの海」の語りを初演し、各地で大きな反響をまきおこした。





「大亀ガウディの海」について 

原作 田島伸二  脚本 古屋和子
アジアを中心に17言語で出版されている物語。海のいきものの視点から書かれた寓話で、生きることの意味や深刻な環境問題を、想像豊かにユーモアたっぷりに描いた問題作。

大亀ガウディは人間につかまり、長年水族館で暮らしてきた。食べ物に不自由しないが、自由はない。安定した水族館での生活を離れ、大海になんとかしてもどるが、そこには青く美しい海はもうなかった。。。。。
(出版元 ディンディガルベル 地方小出版流通センター取扱書籍 日本語版、英語版、韓国語版があり。)


宮城県気仙沼からのお便りー

はじめまして。以前 一ノ関で 聞く機会があり 大変感動し 是非 たくさんの人に聞いていただきたいと 思い、今回、気仙沼で 「大亀ガウディの海」古屋和子さんの語りを催させていただきました。


これまで私は青森の六ヶ所の原子力発電所に反対する運動に関わったりしてきました。見えない放射能で人間が人間を傷つけ 死に至らせるという そして それは 本当に無責任に 無自覚に行わされていることに そして私自身も また その中の仕組みの一部分であると知ったとき ものすごく衝撃を受けました。

放射能を最たるものとして 人間が己れの利益のために 地球を汚し その他 多くの生き物を傷つけ殺しているということは 知識として 知ってはいました。しかし 生き物たちの悲しみや苦しみまでこれまで思い至ることはありませんでした。今回の語りを聞いて 人間の責任を痛感しました。人間が起こしていることは 人間にしか 止めることができないのだと。

ガウディは自分の身を犠牲にして大切なものを守りました。奪われては いけないもの 奪ってはいけない大切なものを私も ガウディのように守りたいと思いました。ガウディの叫びは生き物全ての叫びだと感じています。生き物たちの声にはならぬ声を作者が聞き取って ガウディを通して語らせ そして古屋さんがガウディの思いを語りに乗せて 私たちに伝えてくださったのだと思います。

語りの会の当日 来てくださった方々は 小学生から大人まで 様々でしたが 語りを食い入るように皆 一生懸命 聞きいってました。ガウディの思いが伝わって涙している人もいました。とでも 拙い感想で申し訳ありません。でも 本当に 素晴らしかったのです。この感動がどうか 伝わりますように!



画像



画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック