テーマ:新しい識字教育

10月24日(金曜日)世界で初めての「心の絵地図分析研究会」へのご案内です。

毎月1回開催する「心の絵地図の研究会」の日程が決まりましたので、ご案内申します。 この研究会は、これまで世界各地で実践してきた「心の絵地図」を広く紹介しながら、誰でも行えるように、会員相互で深く学びながら楽しい研究会活動を行いたいと思っています。ひとや社会の深層心理も含め、多様で多彩な絵地図開発と国境を超えた絵地図活動などを深く学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の南京師範大学で絵地図分析ワークショップが開催される!

中国では初めての絵地図分析ワークショップが、2009年3月20日から23日まで、南京師範大学で開催され、幼稚園の幼児、小学校の児童、成人女性、大学院の院生などの約80名が、絵地図分析と絵本のワークショップに参加しました。これは南京師範大学が開催したもので、ICLC国際識字文化センターは全面的に協力を行い、講師として日本から3名の専門家を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICLCの勇気ある挑戦!!

現代の格差の問題の根源はーリテラシー識字(読み書き能力)です。 国際識字文化センター(ICLC)は、アジアやアフリカなど発展途上国が直面している子どもたちの識字教育(読み書き計算能力)や基礎教育の開発に向けて、1997年5月、5カ国(日本、インド、韓国、中国、米国)の有志によって国際NGOとして東京に設立されたものです。世界が直面して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒューマン・リテラシーの哲学/実践に関する7章

1章ーこれは「ヒューマン・リテラシー(Human Literacy)」という考え方に基づくもので、自分自身の生き方や人間性を豊かにすることを最大の目標にしています。どのような宗教の力も借りません。だれでも自分自身の中にある自然力と想像性を使って、自分で心理分析を行いながら治癒する方法です。そのためには、「絵地図分析」という心理的な地図を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICLCのユニークな識字教育について

1997年に産声をあげたICLC国際識字文化センターは、10年間の中でアジア各地にさまざまな新しい識字教育の実践を行ってきたが、その中でユニークで、大きな効果をあげた方法を紹介したい。 日本では、ICLCのこうした取り組みはほとんど知られていないが、それは日本ではこうした新しい教育手法などの開発の重要性が認識されていないことがある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more