テーマ:人権

識字は、生存に必要な人権教育   その1

アジア・太平洋地域の識字教育に約30年間たずさわった経験から痛感するのは、最も深刻な影響を受けている非識字者の約70%以上を占めるアジアやアフリカなど途上国の子どもたちや女性たちである。特に女性の非識字者が増加しているのは、これからの世界を考えるとき、深刻な事態を予想させる。 アジアの農村へ行くと、女性は育児、生活、教育、生産、経済など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

識字は、生存に必要な人権教育   その2

紙を漉くことと識字活動 三番目はコミュニティのおとなに効果的な識字教育を推進することであった。おとなの識字とは、毎日の生活向上をはかるために実際に役立つ知識、情報、技術を具体的に生活の中で活用する能力を意味している。だから、知識や情報は生活のための収入向上や環境の改善など現実に結びつくものが必要だ。とくに女性が果たしている役割は大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下田市は、「唐人お吉」といった差別用語を撤回すべきではないか!

日本最初の開港地である静岡県の下田は、幕末の歴史の中で非常に重要な役割を果たした。美しい港町だ。しかし驚いたことに下田ではいまだに「唐人お吉」(とうじんおきち)という差別的なニュアンスをもった呼称を相も変らず使用していることである。「唐人お吉」の彼女の本当の名前は「斉藤きち」であり、今日で「唐人」という歴史的な呼称を彼女の名前に冠して使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more