テーマ:パキスタン

パキスタンの刑務所に収容された子どもたちに識字を!

1998年の暮れ、私はパキスタン政府の社会福祉省の青少年福祉を担当している職員の依頼で、刑務所に収容されている子どものための識字教育活動に協力する機会を得た。当時私はJICA(国際協力機構)からパキスタン政府へ識字専門家として派遣され、連邦政府首相識字委員会(PMLC)のアドバイザーをしていた。 まずは実態把握から …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挑戦! 非識字者と識字者が共同で行ったパキスタンの絵地図分析ワークショップ

●パキスタンの農村女性のための絵地図ワークショップ(村がかかえる深刻な課題の解決に向けて(半数の女性は文字の読み書きができる識字者で、半数は読み書きのできない非識字者であった) (識字者と非識字者がいかに絵地図共同作業を進めるか) 1)背景 これは2000年に、パキスタンの農村女性(主婦)10人によって行われた識字教育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICLCになにが出来るか?パキスタンの子どもや女性の教育権の確立のために

子どもや女性を救え! 2012年10月9日、 「パキスタンの女子に学ぶ権利を!「と訴えて幅広い活動してきた14歳の少女マララ・ユスフザイさんが武装勢力によって銃撃されました。彼女は瀕死の重賞で、英国で治療を続けています。武装勢力とは、パキスタン・タリバーン運動と関係ある組織に属する一員で、女性が学ぶ権利を推進することに、武力をもって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフガニスタンやパキスタンなどが直面している最も基礎的な課題

文字というのは実に不思議なものです。文字を使うと、簡単に紙片に知識や情報を貯蔵できるのですから。例えばパピルスという植物で作った紙に記された古代エジプトの3千年前の出来事だって文字が読めれば簡単に理解できます。人間の社会は、緊密なコミュニケーションによって成り立っていますが、 これには言葉や文字、記号、写真、絵図、動作、映像な…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

パキスタンへ識字教育にでかけたのに、なぜ紙漉きを始めたのか?

1998年、パキスタンで寺子屋式の小学校を訪問調査しているとき、私は全国各地で大勢の子どもたちに会ったことがある。彼らは大きな瞳を輝かし、私に好奇心をもっていろいろと質問をしてくる。そこで私も寺子屋学校を見ながら子どもたちに 「どんな教材が欲しい?」と尋ねてみた。 すると、子どもたちは一斉に大声で「コピー」と答えた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICLCから5冊の平和絵本の出版が始まる日ー南アジアの平和共同出版

昨日は、12年間続けてきたICLCの「南インドの平和絵本の共同出版」プロジェクトで出版する絵本のドラフトがようやく5冊まとまって、インドの出版社へ送られました。この出版社はインドの最大の出版社で、プロジェクトのインド側代表が、この出版社の前編集長だったのです。そして現在彼女は、国立マハトマガンジー平和記念館の館長です。 このI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵地図による印パの河川の環境改善のための共同事業計画についてーICLCの計画

2009年5月23日、デリーを出発して、空路パキスタンのラホールに到着しました。空港には大学の車が出迎え、外国人用の宿舎に寝泊りしながら、国立ラホール女子大学で絵地図分析によるワークショップを環境科学部で開催しましたが、ようやく昨日それが終わってホットとしたところです。新しい環境問題への取り組みと言うじつに刺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激変の中のインド・パキスタンの子どもたちの環境のいま ICLCセミナーの開催 9月5日

ICLCセミナー 「インド・パキスタンの子どもたちの環境のいま」 多数のビデオを使って報告する刺激的なセミナーです。 とき:  2009年9月5日(土曜日)PM 13:30―16:30 ところ: 環境パートナーズシップオフイス (エポ会議室)表参道     東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F (裏面地図) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルドゥー文学の鈴木斌氏とICLCのキラン図書館

ウルドゥー文学の東京外国語大学名誉教授であった鈴木斌氏は、ICLCの活動やキラン図書館の設立などにも全力を傾けて下さった。2000年、パキスタンのラワルピンディの郊外にあるアデアラ刑務所の中に、青少年を対象としたキラン図書館の建物を設置したときには、いち早く訪問して下さり、数々のご助言を下さった。 先生は酒豪として大変有名な方であ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more