テーマ:大亀ガウディの海

命の感動!! 4月1日の「音楽と絵本」の世界へご招待

タブラを、自由に自分の言葉のように操るインドのアリフが描く海から、 波の音が聞こえ、 海の生き物たちの声が語りを通して聞こえてくる。 二人のアーティストの描く海の生き物の世界が一つとなり、 私たちに問いかける! 日時 2010年4月1日(木) 開場 13時  開演 13時30分 - 場所  東京・目黒パーシモンホール 小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命の感動ー絵本と語りと音楽とー4月1日、インド音楽と語り「古屋和子」の共演です。

4月1日 アリフ・カーン来日 多くの感動を世界中で与えてきた「大亀ガウディの海」が、 ついにタブラ界のプリンス アリフ・カーンと、 古屋和子の語りという夢の競演がアンコールに応えて再上演!! タブラを、自由に自分の言葉のように操るアリフが描く海からは、 波の音が聞こえ、 海の生き物たちの声が聞こえる。 二人のアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月15日、「地球環境と人間の今」、を表現した感動的な語りの会がありました。その感想を・・・・・・

2009年12月15日に、中目黒で開催された”絵本と語りの会”に参加された小島さんから感想が送られてきました。内容にさし障りのない部分を抜粋し、紹介させていただきます。 「韓国の絵本作家ー柳さんの記事、絵本と語りの会でいただいたポストカードを前に読みました。紹介文にもありましたが、柳さんの絵はとてもダイナミックで心揺さぶら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月15日の「語りと絵本」の世界へのご招待

「いのちを紡ぐ」絵本と語りの世界 12月15日に東京の中目黒で感動の出会い ニューヨークタイムズ紙やIBBY(世界児童図書評議会)で優秀賞を受けた韓国を代表する絵本作家 柳在守さんが自らの絵本の世界を音楽を流しながら語り、日本や世界の語り手 古屋和子さんが16か国語で出版された創作物語ー田島伸二作の「大亀ガウディの海」の語りを行いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いのちを紡(つむ)ぐ」絵本と語りの世界が、12月15日に昼夜行われます。

12月15日に東京の中目黒で感動の出会い-韓国を代表する絵本作家の柳在守さんが、自らの絵本の世界を話し日本や世界の物語の語り手 古屋和子さんが、16カ国語で出版された環境創作「大亀ガウディの海」の歌を交えての語りを行います。 とき:2009年12月15日(火曜日) 昼の部  12:30開場、 13:00開演―16:0…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more