テーマ:海野優

日米友好親善のシンボル、「ポトマックの桜」

1800年に連邦政府の特別都市として開設されたワシントンDCは、河と木立と公園に囲まれた美しい街で、「公園都市」とも呼ばれています。この街の南西部にはポトマック河が流れ、河畔に広がるポトマック公園では、かの有名な「ポトマックの桜」が花を咲かせます。 春の訪れとともに、ポトマック河畔をピンクの花で覆いつくす桜は、今から98年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ社会に生きる少数民族アーミッシュについて― ICLCのアドバイザー海野優氏からの便り

『アメリカ社会に生きる少数民族アーミッシュ』 アメリカは、「人種の坩堝」、「モザイク国家」などと形容されるように、実に多種多様な人種と文化が混在している。その中で、「アーミッシュ」と呼ばれ、ひときわ特異な文化と社会を継承する人々がいる。彼らは、ペンシルバニア、オハイオ、インディアナなど限られた地域で、独自のコミュ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ヴェトナムの孤児院を訪問して(2009年5月11日)

海野優さんは長年、在米で、リサーチ&セミナー・コラボレーター(URTA代表)として活躍しておられますが、ICLCのアドバイザーとしても、物心に渡って大変ご協力いただいています。このたび、海野氏から、5月のヴェトナムの孤児院への訪問に関して寄稿をいただきましたので、ご紹介します。 私の家内は、ボートピープルとしてアメリカに渡…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more