テーマ:連帯教育

深刻な学級崩壊と想像力の欠如

子どものいじめの現場には、考えられないほど多数の学級崩壊の現実があり、そこには現実の子どもたちにきちんと対応できない無力で無数の教師崩壊の現実が存在している。 政治家の資質があるように、今、教師の力と資質が問われないといけないと思う。そして教師の周辺には、教員室の同僚教師や校長、PTA,家庭といった社会的な存在がこれを取り囲んでい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2011年3月19日、ICLC特別ワークショップの開催ー子どもの創造性や人間力の育てかた

際限なく落ち込んでいく日本経済と日本人の創造性や思考力を救うにはどうしたらいいのでしょうか? ーそして未来の日本を背負う日本の子どもたちの学力や想像力を育てるには? ーしかし学力とはなにを意味しているのか? ー人間を元気にさせることができるものはなんでしょうか? ーいじめや学級崩壊を乗り越えるためには? 今の教育界は、現場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代が必要とする「連帯教育」とはなにか?

連帯教育は、開発教育のように絶えず外因に向けて理解を進める方向性から、人間の内面にもきちんと光を向けていく行動的学問です。植民地に対する経験や反省などから生まれた開発教育と異なって、連帯教育の目的は、人間同士がどうやったら外的にも内的にも連帯し、信頼の世界を築けるかと言う行動的な学問です。 太平洋地域で、識字教育の成功例と失敗例を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イスラム教の聖典「コーラン」が憎しみをもって焼却された日

世界を破壊しようとする悪魔がいる。物語や小説のなかでの抽象的な悪魔ではない。要するに悪魔とはある特定の人間のこと、この世の中で、悪魔よりもはるかに恐ろしい活動を展開する「人間」という悪魔は、常に善良な人間をどうやって地獄に送りこむかを考え実行している。こうした存在によって、世界は常に悲劇的な戦争に巻き込まれる。 9.11の同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連帯教育は、人間の生き方を変える!ーICLCの挑戦が始まった

連帯教育は、開発教育のように絶えず外因に向けて理解を進める方向性から、人間の内面にもきちんと光を向けていく行動的学問です。植民地に対する経験や反省などから生まれた開発教育と異なって、連帯教育の目的は、人間同士がどうやったら外的にも内的にも連帯し、信頼の世界を築けるかと言う行動的な学問です。 太平洋地域で、識字教育の成功例と失敗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国際識字教育学会」における連帯教育の理念と展開

今注目されている連帯(つながり)教育に、教育界が求めているものとは何か? これはヒューマン・リテラシーの哲学を実現していく方法です。 第1に、連帯教育の目的は、徹頭徹尾、人間理解と世界のありのままの実態を知ること、そして国境なき対等な人間関係の創造や関係性を構築していくことを意味しています。そのためには人間と人間の連帯を阻んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICLCの哲学と実践について

ICLCの哲学と実践は、ほかの哲学にはないユニークな考え方で構成されています。 1)それは「ヒューマン・リテラシー(HLI)」という考え方で、自分自身の人間性を豊かにすることを最大の目標にしています。どのような宗教的な力も借りません。これは自分自身の中にある自然力を使って、心理分析を行って治癒する方法です。そのためには、「絵地図分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日本の教育に最も求められているICLCの「連帯(つながり&むすびめ)の教育」

「連帯教育(つながりの教育」とは、これは「人間的な生き方を求める」ヒューマン・リテラシーの哲学を実現していく方法です。認識だけにとどまらず、人生を積極的に切り開いていく哲学です。 第1に、連帯教育の目的は、徹頭徹尾、人間理解と世界のありのままの実態を知ること、そして国境なき対等な人間関係の創造や関係性を構築していくことを意味してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more