日本政府は、オバマ大統領による広島原爆投下謝罪演説を断っていた。 言語道断!怒りが煮えたぎる!

画像
米ABCが報道ー日本政府は、オバマ大統領による広島原爆投下謝罪演説を断っていた。言語道断!怒りが煮えたぎる!

http://abcnews.go.com/…/japanese-government-nixed-idea-of-…/

オバマ:「広島を訪れて謝罪したい」
外務次官「平和団体が調子に乗るからダメ」
日本政府はオバマが広島を訪問し謝罪することについて「時期尚早」で
「よい考えではない」ウィキリークスで判明 (abcnews)


なるほど。やっぱりそうでしたか!そうでしょうね!
藤原 節男氏 によるとオバマ米国大統領が、広島での原爆投下を謝罪しようとしたところ、それを「断ったのは民主党」ということになっているようですが、実際に断ったのは、外務省の官僚だったそうです。

オバマ大統領の広島での謝罪申し出を断った件は、この記事によるとルース大使との会談が2009年8月28日だから、2009年(平成21年)8月30日の総選挙で麻生が選挙に大敗する直前です。自民から民主への交代のどさくさに、外務省官僚のトップ、事務次官自らが断ったそうです。いつの時代も、こうした官僚によって、日本は暗闇の藪の中でビジョンを失っていくのです。ものすごい怒りと同時に暗澹たる気持ちです。


https://www.facebook.com/shinji.tajima.129/posts/1232838420065885?pnref=story

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック