「生きるためには本を読みたい!」2010年5月から、スタッフ研修が始まったキラン図書館の報告

画像

 ラワルピンディのキラン図書館(2010年撮影

パキスタンのラワルピンディの刑務所の中に設置された子ども図書館は、その名前を「キラン図書館」と言います。
世界中のどのような子どもたちにも、太陽の光はひとしく光を投げかけていることを象徴して、「知識の光」がすべての子どもたちへ・・・という思いから名付けたものです。現在、世界中には8カ所に設置されています。

しかし灼熱の国―パキスタンの太陽の光は余りにもまぶしくて、灼熱の象徴とも思えたので、キラン図書館のロゴマークには、ひまわりの花を描きました。このロゴマークは、みんなにも親しまれて、子どもたちにとっては明るい励みにもなっているそうです。

2010年5月にキラン図書館を研修のために再訪したところ、キラン図書館の周りには、「ひまわりの花」が植えられていました。いったい誰が餓えたのか、ひまわりの花は、太陽の光のもとで、美しく輝いていました。そしてキラン図書館の中で学ぶ子どもたちも、一生懸命に本を読んでいました。 みんなキラン図書館の目的や活動をよく知っており、彼らの態度に尊敬と感謝の気持ちを浮かべているのをひしひしと感じました。

2010年度は、ひろしま祈りの石教育交流財団の協力や鈴木公子氏のご支援を受けて、5月から6月初めにかけて、キラン図書館のあるミャンマーとパキスタンで図書館を支援するスタッフや関係者の研修を行ってきました。今回の研修では、大きな課題として、

(1)スタッフの研修のためのハード(識字のための教師の配備)とソフト(研修プログムの小冊子や)の開発の必要性(2)新しい絵本などの教材の開発と配付(3)それぞれのキラン図書館の責任者の交流と研修(4)国内での移動のための車両の必要性などがあげられました。現地では、この研修を受けて今後も国内研修を継続していくことになりました。(詳しくはまた掲載します)
画像

またICLCを支援するスラマバードの弁護士が、定期的に子どもたちの状況について、調査支援することも新たなアクションとして打ちだされました。ひろしま祈りの石教育交流財団などキラン図書館の活動を広範に支援して下さる方々に心から、感謝申し上げます。




画像




画像

ミャンマーのキラン図書館のロゴ(ヤンゴンに設置されている)

画像



画像



7月17日に行われたセミナーは、パキスタン・ミャンマーの8カ所のキラン図書館を中心に、映像や写真表現などを通じてICLCの活動について報告されました。パキスタンでは、刑務所に収容された子どもたちや女性たちを対象に子ども図書館が設立されており、2000年、ラワルピンディ市に第1館目、20003年、ムルタン市に第2館目、2004年にファイサルバード市に第3館目、2008年にペシャワールに第4館目が設置され活発な活動を続けています。しかし現在のパキスタン、ミャンマーの深刻な状況が大きく影響し、数多くの困難な課題に直面しています。セミナーではこうした課題を参加者と討議報告すしました。


日時: 2010年7月17日(土)午後1時30分~5時
会場: 東京ボランティア・市民活動センター C 会議室
(新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10F 低層エレベーター)
最寄駅: JR総武線・地下鉄 飯田橋駅 駅に隣接するビル
JR飯田橋駅西口
地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線)「B2b」出口

主催: ICLC国際識字文化センター
参加費: 500円 (ICLC会員は無料)
主催: 国際識字文化センター(ICLC)

東京都目黒区中根1-16-10


TEL: 03-3718-5260 090-6505-1782
iclc2001@gmail.com http://www.iclc2001.org
問い合わせ iclc2001@gmail.com 090-6505-1782



「キラン」とはウルドゥー語で「太陽の光」を意味します。太陽の光がすべての人に平等に降り注ぐように世界のすべての人々に希望の光が届くことを願っています。それは、人間の内なる光―人間が人間らしく生きていけるような知識や情報などの知的環境を意味しています。世界には、社会や知識から遮断され光のまったく届かない社会環境に置かれている子どもたちが「知りたい!学びたい!」と叫んでいます。これに応えて、ICLC国際識字文化センターが、2000年から パキスタンの4か所の刑務所などに収容された子どもたちを対象に始めた識字活動が「キランライブラリー・プロジェクト」です。


貧困や無知のために犯罪者に仕立てられた子どもたち、大人の犯罪に利用される子どもたち。人を殺すことを強制された子どもたちが、窃盗、麻薬運び、殺人、浮浪罪などあらゆる罪名がつけられ、全世界のさまざまな刑務所に収容されています。子どもたちは腐敗した社会や大人たちから徹底的に利用されては捨てられているのです。家庭の貧しさや社会矛盾の壁を背負った無数のジャンバルジャンたち。彼らの自立のためには、最低限の読み書き計算能力を身につけ、知識や情報などを身につけ、読書の喜びを分かち合い自立への一歩としてほしい。このプロジェクトにはそんな願いが込められています。



☆ ビデオを交えてのICLCの各プロジェクト報告も行います。どなたでもどうぞご自由にご参加ください。


* 文字の読み書きや計算能力、それが「識字(リテラシー)」です。世界には、識字能力を身に付ける機会を奪われた人たちが約10億人以上も存在します。ICLCでは読み書き計算能力に加え、コミュニケーション手段および表現能力も識字の重要な要素と捉え、豊かな共生社会を創るために東京を拠点にさまざまな活動をしている国際NGOです



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック