国際識字文化センター (ICLC)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「心の絵地図分析ワークショップ」 絵地図を使って課題(自分自身や社会)に自由に挑戦していく手法です

<<   作成日時 : 2012/04/11 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「心の絵地図分析ワークショップ」 開催ー どなたでも参加できます。

自己表現力が、自由にできないと人はだれでも社会参加の中で孤立感を深めていきます。現在の社会では、孤絶した個人が余りにも多く、他人とのコミュニケーションが十分取れない人々が増加しています。これは言葉、文字、絵、デザイン、地図などを使ってさまざまな課題(自分自身や社会)に自由に挑戦していく手法です。日本で開発されたもので今回2回目の開催となります。昨年12月開催の絵地図や4月のいわき市で行ったものなど多数が展示されます。


ICLCの第2回絵地図ワークショップの開催。

1.とき:2012年4月14日(土曜日)、午後6時から9時まで

2.場所:飯田橋ボランティアセンター 10F
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

3.内容:
1)理論編と実践編 (世界でのさまざまな絵地図分析Wの理論と実践紹介
2)参加者による個人別(人生マップ)制作とグループ別のワークショップ交流
3)それぞれのケースの発表と今後のフォロー

4.申し込みの連絡先:iclc2001@gmail.com
氏名、住所、年齢、期待するものなどを送付して下さい

5.参加費:2千円(材料費込) 

6.講師:ICLC絵地図分析研究所代表  田島伸二



絵地図分析とは、言葉と絵とデザインを使って自分自身の内面の「絵地図」を客観的に作成するというもので、自分自身の顔を映し出す鏡を作り出すような作業です。その基本哲学は、「この地球上では自分自身に一番興味を持っている。そしてだれでも自分についての生き方を絵図として表現してみたいと思っている。」ということから出発したものです。こうした不安な時代、誰しも航海図を欲しがるものですが、それは自分自身の偽りのない欲求や現実などの問題を本音で作成していくものです。つまり自分自身の問題を把握するところからすべて始まるのですが、問題をきちんと把握することは、結局は解決に向かうことになるのです。



ワークショップの背景と目的:

際限なく落ち込んでいく日本経済と日本人の創造性や思考力を救うにはどうしたらいいのでしょうか?
ーそして未来の日本を背負う日本の子どもたちの学力や想像力を育てるには?
ーしかし学力とはなにを意味しているのか?
ー人間を元気にさせることができるものはなんでしょうか?
ーいじめや学級崩壊を乗り越えるためには?
内容:
 1)理論編と実践編 (理論の基礎編と世界でのさまざまな絵地図分析Wの紹介
 2)参加者による個人別(人生マップ)とグループ別のワークショップ
 3)それぞれのケースの発表と今後のフォロー



これまで実施されたワークショップ(国・地域と対象):
●日本の小・中・高校・大学での個人およびグループ用ワークショップ、
●東北震災の被災地でのワークショップ(いわき市)
●日・中・韓の作家・イラストレーター・編集者合同ワークショップ(「海の環境問題」)
●韓国:梨花女子大学(「ストレスに打ち勝つには」)子どもたちの人生マップ
●ナミソム島(「南北の平和の実現について」「人生をどう生きるか))、学生と子ども
●淑明女子大学(「何を大学で学ぶか」)、梨花女子大学(私の人生マップ)
●ソウルのNGO(「「人の生き方や、グループのありかたについて」)、
●韓国の著名なコンピューター通信会社での幹部研修
●中国:南京師範大学(「人生と社会」、「未来の社会」)[私の人生について](就職活動)
●パキスタン:ラホール女子大学(「カスール市の河川の環境」に関して)、
●ラワルピンディで近隣の農村女性のためのワークショップ(半数の女性は識字者、半数は非識字者)(「村がかかえる深刻な課題の解決に向けて」)
●インド:南インドのダリット(最下層カースト)女性、NGOの研修(「村の再生化に何ができるか」)
●カンボジア青少年教育局(「カンボジアの青少年活動と未来」)
●南アジアの芸術家たちのワークショップ(「国境を越えて、どのような連帯活動が可能か?」)
●その他多数
今の教育界は、現場の教師や子どもたちに自由な創造性への裁量を与えず、自由な思考や体験を伸ばすことを全くしてこなかった悪しき日本式教育のつけがすべて出てきているのが今日の姿ではないでしょうか。こうした教育空間では、日本の再生も世界への貢献もありえず、絶えず「長いものに巻かれろ」という思考や創造力だけが、不況の中でたくましく育っているように思います。

これを打破するには、日本人の風土にあった創造教育が必要で、それはICLCが開発した「絵地図分析ワークショップ」という時代に先行した方式です。これはすでに日本、韓国、インド、中国などでワークショップが多数開催されており、大きな成果を出しているものです。それは具体的な問題を提示し、自由に自分を取り巻く環境から具体的に考える創造時間を通じて、「自分だったらどうするか?」という徹底した思考力や読解力を育てる教育で、それは今日世界的に広がりを見せているフィンランド方式と類似しているとも言えます。しかし類似しているのではなく、これをさらに先行する創造力をもっています。

ICLCが推進している絵地図分析(PMA)という独創性を通じて、個人やグループで、自由で独創的な読解力を楽しみながら短時間に創造力を身につけることができる画期的な創造教育。結局、たくましき人間力をもった子どもたちを育てていくには、学力という狭い範疇ではなく、「他人を理解する耳と、異なった意見を常に統合しながら、新しい分析能力を作り上げて実際的な行動力ーこれこそが今の日本や世界で求められている「人間力を通じての学力」そのものではないかと思います。


私たちの言葉は、使う方向性や使い方を誤ると、剣のようにひとの気持ちを切裂いてしまったり、矢のようにひとの心に突き刺さって、簡単に人の心に地獄絵図を作ることができるのです。何気なく教師の放った言葉でも、子どもたちの柔らかい胸には鋭い矢のように突き刺さってしまうことも、しかもその子どもたちの中にはその突き刺さった矢を抜こうともせずに復讐を考えたりもすることもあるのです、それは親子関係でも、友達関係でも、国際関係でもすべての面で同じようなことが言えるのです。

しかし、反対に人を生かしていく言葉は、精神的にも苦悩のなかにいる人々を国境を越えて元気づけたり、わずかの言葉でも恋愛のように人を生き生きと蘇らせていくものです。しかし現代では、言葉の本来の役割である「人と人を結ぶ大切なコミュニケーション」がだんだん忘れられているような気がするのです。機能的に陥りすぎた言葉、無感覚な言葉、仲間内だけの言葉、自分の目的だけに引っ張りたい言葉などが氾濫し、人と人との深いコミュニケーションや自分自身の表現方法についても余り関心が払われていないように思うのです。

これまで30数年間、ユネスコ活動などで識字教育を行ってきた現場での成功例と失敗例をもとに、現在「絵地図分析」という新しい自己発見のワークショップを国内外で開催しています。それは、近年、「人の言葉を聞くこと、自分を表現できる力、あるいは文字や絵で伝える表現力の強化などさまざまなコミュニケション能力」などが、子どもたちの存在や日常から非常に希薄になり、大人を含めて「自分がどこにいるのか?どこに行こうとしているのか?いったい何をしたいのか?」といったことで大きく揺れて不安の中で自分探しを痛切に求めていることを知ったからです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小説「花物語(ハナモノガタリ) するがデビル 西尾維新 著 講談社」その2 自分が何を欲している人間...
わたしは、しょっちゅう道に迷います。 ああ、いきなりこんな書き方をすると 「方向音痴なんだな」って思われますね。 違います。いや、違わない部分もありますが、 そういう意味ではありません。 人生という道に、しょっちゅう迷っている。 つまり、自分を見失うわ… ...続きを見る
あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピ...
2016/07/29 06:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「心の絵地図分析ワークショップ」 絵地図を使って課題(自分自身や社会)に自由に挑戦していく手法です 国際識字文化センター (ICLC)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる