国際識字文化センター (ICLC)

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもを対象とした絵地図分析のワークショップの会場から・・・・20107月4日

<<   作成日時 : 2010/07/04 11:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私は二日前から、ソウルの梨花女子大学でワークショップをして いますが、大人や
学生のワークショップはうまくいっても、子どもを対象としたワークショップは、なかな
か大変でした。つまりうまくできないのです。期待していたような結果がきちんと出き
ないのです。

これは通訳の問題もあるとは思いましたが、子どもたちとうまくコミュニケーションが
できていないことやスタッフの大人が中に入りし過ぎること、そしてワークショップの方
法論が難しすぎるというようなことが原因のようですが・・・・要するに子どもたちが
リラックスして楽しんでいないのです。だから興味も湧かないのです。

「なぜこのようなワークショップに参加しなければいけないのか」、「ぼくはこんなこと
はやりたいくない」というような冷めた雰囲気が、子どもたちの間にみなぎっていて、
ある意味では、子どもたちは、このワークショップには大人によって、無理やり土曜日
に動員されたような感じをもっているのです。なかにはものすごくいいセンスを持って
参加している子どももいましたが、それは例外中の例外。


韓国の子どもたちは、一般的に自由な時間が全くなく、大人から管理された時間の中
に生きていると言われるのですが、子どもたちには、かなりの必然性やおもしろいこと
がないと「やる気」を出さないような姿勢と雰囲気なのです。だからある意味ではこれ
は実験とも言えるものになったので、大変だけどおもしろかったとは言えますが、自由
討議のときにもあるグループの子どもたちは「グループの中のみんなと会話をしたくな
い」というのですから・・・
まあ、絵を書き始めたらだんだん積極的になってきましたが・・・出来上がった絵は
ばらばらのような絵で、グループの絵として完成していないのです。問題解決型の、
絵地図分析という初期の目的は、うまく達成できませんでした。もっとも課題も「自分
がぶつかっている最も困難なことや問題点というものでしたから。

今日も引き続いて、同じメンバーでワークショップを行いますが、やはり子どもたちは
大人と同じように、体裁(ていさい)や面子(めんつ)という意味では相当大きなものを
もっているのを感じました。
昨年の中国の南京師範大学では、幼稚園ぐらいの子どもたちでも、ものすごく積極
的で、質問などどんどん大人に投げるのですが(まるで紅衛兵のように)、しかし韓
国では、みんな恥ずかしがってみんなの前で、自己紹介もきちんとできないのです。
表現するということが、ある意味では日本の子どもたちとと同じようなのです。

こうした表現力は、韓国の社会や学校などは、子どもたちに要求していないのでしょ
うね。おそらく中国では、どんどん自分から表現していかないと取り残されるという
ような競争社会が存在しているのでしょう。おそらく一番表現力がうまくできるのは、
中国、そしてその中間に日本がいるような気がします。


韓国では表現力が余りできないのはなぜか、いろいろ考えてみたいと思いました。
それは7月4日のワークショップの課題です。また主宰しているところが、デジタル・
デザイン学科なので、生きた子どもを対象とするよりも、形や外側だけを課題にする
ようなところがあるのかなと思いましたが、性急な判断は禁物なので、
今日はゆっくりと子どもの視点からやってみようと思います。それは同時に、絵地図
ワークショップを(10歳から12歳を対象とした場合には)もっと子ども向けに、わかり
やすくておもしろい内容にしなければいけないということです。

とにかくいろいろ学んでいます。

子どもたちは、現代を、変化の時代を生きているのです。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子どもを対象とした絵地図分析のワークショップの会場から・・・・20107月4日 国際識字文化センター (ICLC)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる