国際識字文化センター (ICLC)

アクセスカウンタ

zoom RSS 識字教育(リテラシー)は、コンピューター時代にどのような変化をとげるのか?

<<   作成日時 : 2010/02/25 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



今日の社会は、新しいコミュニケーションの方法の発展にともなって、コンピューター・リテラシーやメディア・リテラシーという新しい言葉が誕生している。これらはすべて、今日のコンピューター社会で生き残るために必要なコミュニケーション能力の形成を意味している。つまりリテラシーの問題とは人間のコミュニケーションのありかたを時代に従って、どのように形成するかという課題でもあるが、知識や情報の貯蔵加工・伝達方法が変化すればそれにともなってリテラシーの概念も大きく変化してくるに違いない。

 識字の問題は、それぞれの時代の文明のありかたをリアルに表現しており、現代のように多様で大量な情報の海を生きるためには、テレビや広告や宣伝などあらゆるメディアについての批判的能力の形成も子ども時代からの非常に重要な能力形成となっている。それは今日の多様なメディアに十分にアクセスできる能力と同時に、それを分析評価したり、あるいは多様な形態でコミュニケーションを創りだすことのできる能力を指しているもので、それはこれまでの社会がもっていた読み書きなど文字を中心に考えられてきた識字(リテラシー)の概念を超えて、映像やあらゆる形態の電子コミュニケーションを広く理解し、創造する力を含んだ新しい概念である21世紀にはコンピューターによってますます多様で迅速なコミュニケーションが実現するだろう。

しかし、それが人間性を大事にするものでなく市場経済の成功を求めるための単なる機能や効率を求める場合には、取り返しのつかない人間疎外が生じてくるだろう。現代世界は識字(リテラシー)を狭義に理解し、文字文化を偏重するあまりに自然の視覚・聴覚・触覚・味覚・直感・運動などコミュニケーションの大いなる可能性を十分育ててはこなかった。特に、日本の子どもたちは、学習指導要領などに代表される読み書き能力を中心とした学力偏重によって、豊かな想像力やたくましい創造力を養う機会を奪われてきた。その結果人間的な感受性や表現能力が非常に乏しい結果となっている。


そのためには、コンピューターによる能力の開発だけでなく、自然や人間の基礎にある豊かな生き方を絶えず実感しながら、世界の人々とともに「本当の言葉や文字を求めて」人間的な自立や創造のための識字活動(リテラシー)やコミュニケーション活動を行っていくことが求められているのではないか。

 アジアやアフリカの人々は叫んでいる。"人間的な生活を送るために識字を下さい!" 生存するために知識を下さい!世界で最も重要な位置にある子どもと女性に喜びと幸せをもたらす識字を与えて下さい!と。それは今日のアフガニスタンの子どもや大人たちに共通する叫びである。そして識字者である私たちの課題とは、情報化時代における普遍性と倫理に基づいた人間的な識字(ヒューマン・リテラシー)を確立し、これを世界の人々とともに実践していくことではないかと思う。つまり。本当の識字事業とは、人間性を豊かにし、世界を平和に作るものでなければならない。文字を学ぶ目的は人を殺すことを学ぶのではなく、人や社会を生かしてお互いが理解しあう内容を学ぶべきなのだ。こうした人間的で普遍的な理解をともなった識字事業を創造してゆくためにも、これまでの経験をフルに生かして、「国境を超える新しいプログラム」や「希望の作りかた」をこれからの世代とともに実践していきたいと念願している。






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
識字教育(リテラシー)は、コンピューター時代にどのような変化をとげるのか? 国際識字文化センター (ICLC)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる