国際識字文化センター (ICLC)

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年4月1日ーインドの鬼才ーアリフ・カーンの太鼓と日本のかたりー 水と風と大地の響き

<<   作成日時 : 2010/02/09 12:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月1日 アリフ・カーン来日
水と風と大地 − タブラ・笛・ディジュリドゥ・舞・唄・語り
多くの感動を世界中で与えてきた「大亀ガウディの海」が、 インドのタブラ界のプリンスーアリフ・カーンと、 古屋和子の語りという夢の競演!!

タブラを、自分の言葉のように操るアリフが描く海からは、 波の音が聞こえ、海の生き物たちの声が聞こえる。
二人のアーティストの描く海の生き物の世界が一つとなり、 私たちに問いかける!



日時 2010年4月1日(木)
場所  東京・目黒パーシモンホール 小ホール

http://www.persimmon.or.jp/know/access.php#b

昼の部 「海・水・生命」−語りとタブラによる『大亀ガウディの海』



開場 13時  開演 13時30分 -


出演


語り   古屋和子
タブラ  アリフ・カーン
出演アーティスト紹介 

ARIF KHAN(アリフ・カーン)
 
タブラ・アーティスト  1986年生。850年もの長い歴史をもつタブラ奏者の家系、ファルカーバード派第34代。2歳からタブラ演奏を学び6歳でデビュー、数千人の聴衆を魅了した。以来古典と現代音楽を取り入れた演奏スタイルで、インドのほか、バングラデシュ、アメリカ、ドイツなどで演奏活動を行う。

古屋和子(ふるやかずこ)
語り手  「明空風堂」を主宰。説教・平家・近松等の古典作品や鏡花・中島敦等の近代古典から童話まで、幅広い語りの世界を展開している。2009年に「大亀ガウディの海」の語りを初演し、各地で大きな反響をまきおこした。

画像

「大亀ガウディの海」について 

原作 田島伸二  脚本 古屋和子
アジアを中心に17言語で出版されている物語。海のいきものの視点から書かれた寓話で、生きることの意味や深刻な環境問題を、想像豊かにユーモアたっぷりに描いた問題作。

大亀ガウディは人間につかまり、長年水族館で暮らしてきた。食べ物に不自由しないが、自由はない。安定した水族館での生活を離れ、大海になんとかしてもどるが、そこには青く美しい海はもうなかった。。。。。
(出版元 ディンディガルベル 地方小出版流通センター取扱書籍 日本語版、英語版、韓国語版があり。)




夜の部 
「風・円渦・鼓動」− タブラ・笛・ディジュリドゥ


開場 18時30分    開演 19時


タブラと笛とディジュリドゥが織りなす、自然の息吹きのハーモニー。
華麗な舞と歌がくりひろげる一夜だけの特別な音楽会。


地底の奥からひびくようなディジュリドゥ、
繊細で超絶技巧のタブラ、
素朴できらめく草原や山の宝石のような
少数民族の数々の笛や歌
そして幻想的な舞・・・・・・


これらの美しい世界がかもしだす新しい音やイメージを体験してみませんか。


出演
タブラ  アリフ・カーン(新星インド・タブラ界のプリンス)
笛  劉宏軍(フルス、バーウー等雲南省の笛ほか)
ディジュリドゥ  KNOB
チベット民謡  ソナム・ギャルモ
おどり 山元彩子、堀友紀子・岸美和、サンディヤ・ヘガデ
  朗読・司会  坪井美香


♪♪♪ 出演アーティスト ♪♪♪
ARIF KHAN(アリフ・カーン)
1986年生。850年の歴史をもつタブラ奏者の家系、ファルカーバード派の第34代。若きインド・タブラ界のプリンス

劉宏軍(リュウ・ホンジュン)
作曲家、笛の演奏家。「天平楽府」音楽監督。中国大連生まれ。
NHKテレビ「シルクロード遥かな調べ」の作曲、演奏。また坂本龍一に協力し、映画「ラストエンペラー」の作曲、演奏を担当。正倉院所蔵の多くの楽器を復元し、「天平楽府」を率いて、遥かなるシルクロードの音楽、そして天平の調べを現代によみがえらせている。 (第24回伝統文化ポーラ賞・国際賞を受賞。東久邇宮文化褒章受賞)

KNOB (ノブ)
25歳の時、オーストラリアにてディジュリドゥと出会う。映画[地球交響曲第六番]虚空の音の章に出演。空洞の木の音、響きの本質を日本人としての精神、宗教を超えた祈りの心を柱に追求している。

山元彩子(やまもとさいこ)、堀友紀子(ほりゆきこ)、岸美和(岸みわ)
南インド古典舞踊家。ヌリッティヤ ラクシャナ ジャパン主宰(山元)。他ジャンルとの共演も多い。

SANDHYA HEGDE (サンディヤ・ヘグデ)
南インド古典舞踊家。10歳から舞踊教育をうける。バンガロール大学の舞踊学科修士課程を終了し、現在では東京を中心に公演活動や舞踊指導を行う。

SONAM GYALMO (ソナム・ギャルモ)
チベット民謡の歌い手。亡命チベット二世。インド北部ダラムサラに近いビール村出身。きらめくような美しい声のもちぬし。

坪井美香(つぼいみか)
蜷川幸雄主宰「蜷川スタジオ」に3年間所属、関弘子に師事。語りを学び、現在に至るまで「声」と「言葉」にこだわった演劇活動を続けている。


昼の部入場料 当日券 2500円(前売2200円)

夜の部入場料 当日券 2800円(前売2500円)
昼の部「語り」と夜の部「コンサート」通し券 4000円

切符申込み先
ディンディガルベル dinbell@hotmail.co.jp


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010年4月1日ーインドの鬼才ーアリフ・カーンの太鼓と日本のかたりー 水と風と大地の響き 国際識字文化センター (ICLC)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる