アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
国際識字文化センター (ICLC)
ブログ紹介
国際識字文化センター(ICLC)は、アジアやアフリカなどが直面している子どもたちの識字教育(読み書き計算能力)や文化発展に向けて、1997年5月、5カ国(日本、インド、韓国、中国、米国)の有志によって国際NGOとして東京に設立されたものです。世界が直面している格差の問題の根源に、現在、世界で約10億人を超える読み書きの出来ない人々がいますが、こうした人々は貧困や病気や環境破壊の中で、未識字のために、人間らしく生きていくための知識や情報を得ることができない厳しい状況の中で暮しています。

そのため国際識字文化センターは、アジア・太平洋地域の人権・環境・平和・教育・文化などの分野で、識字教育と深く連携しながら、国境を越えた多様な形での“識字教育“の実践を行っている非政府組織の専門家集団です。

21世紀の文明が内外から崩壊の危機に瀕している現在、国際識字文化センターは「ヒューマン・リテラシー(人間性の尊厳を向上させる識字教育)を推進しようと、教育・文化・コミュニケーションを通じてアジア地域でさまざまな識字教育活動を行っています。


行動やネットワークは、アジア地域の全体に広がっています。そして何よりも豊かな「ひと」の生き方や「心の眼」を創り出していくことを重要な目的としています。もちろん誰でも参加できます。それぞれが持っている特技や表現力こそが”リテラシー”のプロジェクトの中では最も重要なものですから。ボランティア精神と情熱のある方を歓迎致します。


各事業の内容について
 1.すべての子どもたちに教育と本を読む喜びを!
    社会的に最も恵まれない子どもたちに「キラン図書館」
   http://tajimashinji.at.webry.info/theme/d52a51f990.html

 2.子どもたちの声を聞いて!
    国境を越えた平和絵本の共同出版プロジェクト
   https://www.facebook.com/iclciclc/posts/1376285259278142

 3.紙漉きが切り開いた持続可能な創造性を求めて
    自由な表現活動と自立を求めて
   http://iclc.at.webry.info/201012/article_3.html

 4.人生や社会を自分の力でデザインすること
    絵地図分析の無限の魅力と可能性
   http://tajimashinji.at.webry.info/theme/39bfaa4deb.html

 5.深刻な環境問題に向けてリテラシーのできること
    パキスタンの水俣ともいえるカスール市の環境破壊
    http://d.hatena.ne.jp/iclc2008/20080909/1220916451
   
 6.ことばや文字の表現による可能性を求めて
    文学と識字活動を結ぶ多様な表現活動
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%C5%E7%BF%AD%C6%F3

識字(Literacy)を読み書きだけ能力を獲得するではなく、人生や世界を現実的にどう生きるか、自分の人生での表現活動をどのように形成するかという人生の基本的なコミュニケーション活動として捉え、人間的に生きる識字ーヒューマン・リテラシーを国境を越えて推進している専門家集団です。楽しい創造者集団です。熱意と持続力のある方は大歓迎。

*ボランティアスタッフ・インターン可能   
問合せ: iclc2001@gmail.com 
      Tel: 080−1094−7800
 



What is ICLC ?
International Center for Literacy and Culture (ICLC), was established in Tokyo in 1997, for the promotion of literacy and culture in the world. ICLC is a multi-national non-profit, non-governmental organization (NGO) comprised mainly of volunteers. More specifically, it is a network of members of ICLC in the world.

 In the 21st century, one of the most important concerns will be to establish and foster deep communication among cultures, and develop values to promote more humanistic and tolerant societies. Beyond reading, writing and arithmetic skills, a variety of ways for communication such as oral traditions, artistic skills, computer skills are required. The focus of ICLC is the promotion of "human literacy" and peace.

The international network of ICLC has been growing worldwide mainly in Asia-most notably Japan, China, Korea, India, Pakistan, Myanmar, Thailand as well as in the Middle East, Africa, the Americas and Europe.

ICLC has been promoting cooperative projects and activities internationally in various areas, including investigation, research, training, production, and evaluation in educational, cultural and environmental settings, based on needs and problems of each country.



関連HP:
http://tajimashinji.at.webry.info/201203/article_3.html
http://iclc2008.iza.ne.jp/blog/entry/2638679/
http://iclc.at.webry.info/201109/article_5.html

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
FBとはなんと不思議な世界でしょう!さまざまなな可能性!
FBとはなんと不思議な世界でしょう!さまざまなな可能性! FBとはなんと不思議な世界でしょう! FBを通じて知り合った世界中の友人は、日本や海外にたくさんいますが、16年前、パキスタンのアフガン難民キャンプで知り合った少女は、その後、アフガニスタンのカブールに帰還し、幸運にも大学教授(英文学)になって活躍しているのを知ることができたのもFBです。またFBで知り合った日本人とは、原発反対デモの折、実際に国会前で出会ったり、また映画製作者には、アニメの作品まで作っていただくなど、いろいろの方々とFBを通じて知り会うことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/06 13:27
子どもを救え!環境寓話(童話)の先駆者― 田島伸二 2月19日(金曜日)広島にて講演のご案内
子どもを救え!環境寓話(童話)の先駆者― 田島伸二 2月19日(金曜日)広島にて講演のご案内 広島市の皆さまへ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/11 14:53
日本政府は、オバマ大統領による広島原爆投下謝罪演説を断っていた。 言語道断!怒りが煮えたぎる!
日本政府は、オバマ大統領による広島原爆投下謝罪演説を断っていた。 言語道断!怒りが煮えたぎる! 米ABCが報道ー日本政府は、オバマ大統領による広島原爆投下謝罪演説を断っていた。言語道断!怒りが煮えたぎる! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/11 11:34
「心の絵地図分析」ワークショップ(PMA)は、2015年7月28日(火曜日)です。
「心の絵地図分析」ワークショップ(PMA)は、2015年7月28日(火曜日)です。 「心の絵地図分析」ワークショップ(PMA)は、2015年7月28日(火曜日)午後7時−9時半です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/21 21:45
林洋子+劉宏軍(中国)音楽による「コンキチ」の語り
林洋子+劉宏軍(中国)音楽による「コンキチ」の語り 林洋子+劉宏軍(中国)音楽による「コンキチ」の語り https://www.youtube.com/watch?v=BzUQgwKNmdU (1分) https://www.youtube.com/watch?v=GAGZnd9CrVg  (全篇 52分) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/01 06:24
2月19日(木曜日)は、世界初の「心の絵地図ワークショップ」が開催されます!
 2月19日(木曜日)は、世界初の「心の絵地図ワークショップ」が開催されます! 2月19日(木曜日)は、「心の絵地図ワークショップ」です。目黒区都立大学駅近くにて開催予定です。課題は「自分の人生とはなにか」という自分自身を徹底して探求し、元気づける絵地図ワークショップです。言葉+文章+絵+デザインを使って、自由自在に「自分自身」を絵地図化します。世界で初めてのワークショップで、とても刺激的でおもしろいワークショップです。ワークショップとは、自分も参加して、「一緒に行動しながら人生を考え、絵地図を作成していくもので、一緒になって自分の人生を考える」ものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/15 10:38
10月24日(金曜日)世界で初めての「心の絵地図分析研究会」へのご案内です。
10月24日(金曜日)世界で初めての「心の絵地図分析研究会」へのご案内です。 毎月1回開催する「心の絵地図の研究会」の日程が決まりましたので、ご案内申します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/12 21:50
国際識字文化センター(ICLC)の各事業とその展開ーSince 1997
国際識字文化センター(ICLC)の各事業とその展開ーSince 1997 国際識字文化センターは、アジア・太平洋地域の人権・環境・平和・教育・文化などの分野で、識字教育と深く連携しながら、国境を越えた多様な形での“識字教育“の実践を行っている非政府組織の専門家集団です。 21世紀の文明が内外から崩壊の危機に瀕している現在、国際識字文化センターは「ヒューマン・リテラシー(人間性の尊厳を向上させる識字教育)を推進しようと、教育・文化・コミュニケーションを通じてアジア地域でさまざまな識字教育活動を行っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/12 15:21
識字とはなんでしょうか?識字は、なんのために存在するのでしょうか?  9月8日は国際識字デーです
識字とはなんでしょうか?識字は、なんのために存在するのでしょうか?  9月8日は国際識字デーです 本日、9月8日は、ユネスコの定めた「国際識字の日」です。これを記念して、さる9月5日には渋谷で、SVAシャンティ国際ボランティア会、日本ユネスコ協会連盟、ユネスコ・アジア文化センターの三者の共催による講演会が行われました。その一部で、ICLCは、カンボジアの多くのスライドとともに下記のようなプレゼンテーションを行いました。二部はカンボジアの参加者とのトークセッションでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/08 08:00
最近のICLC活動について
最近のICLC活動について 明後日(8月17日)は、都立大学駅近くにあるICLC(国際識字文化センター)事務所に、筑波大学大学院から数名の学生たちが訪ねてくると連絡がありました。平和学専攻の院生で、カシミール絵本に関係する「平和絵本」4冊を購入したいのだそうです。私がカンボジアへ行っているときに連絡があったので、帰国次第、彼らと会合を持ちたいと思っていました。今回は、この絵本を印パの参加者を中心に製作した原点の「平和絵地図」もお見せして、背景や今後の方向性なども詳細にご説明しようと思っています。世界全体が、戦乱に巻き込まれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/17 21:31
ある日のミャンマーにおける基礎教育改善プログラムー日本のODAはいかに使われるべき
ある日のミャンマーにおける基礎教育改善プログラムー日本のODAはいかに使われるべき 2001年から2007年まで6年間にわたって、私はミャンマーのヤンゴンで、JICAの基礎教育改善計画に教育アドバイザーで参加しました。これは実質的には、ミャンマーにおける民主化を促進するプロジェクトを意味しており、大きな影響を教育省や教育大学の教員養成にもたらしたようです。これはある日の北方のタウンジで、参加教員が120名のワークショップの様子です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/07 08:15
ICLCは世界を感動的に変えていくーそのためにはあなた自身が変わらねばならない!
ICLCは世界を感動的に変えていくーそのためにはあなた自身が変わらねばならない! 国際識字文化センター(ICLC)は、アジアやアフリカなど発展途上国が直面している子どもたちの識字教育(読み書き計算能力)や基礎教育の開発に向けて、1997年5月、5カ国(日本、インド、韓国、中国、米国)の有志によって国際NGOとして東京に設立されたものです。 2012年に完成したインドとパキスタンの作家たちが共同で製作刊行した平和絵本は、ICLCの13年かけての仕事のひとつです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/31 12:37
心の絵地図ワークショップが切り開く人間の可能性と挑戦
心の絵地図ワークショップが切り開く人間の可能性と挑戦 昨年11月、目黒区内の小学校で、「心の絵地図ワークショップ」を行いました。3日間にわたって、目黒区の小学校6年生3クラスの約70名が参加しました。完成した絵地図は、素晴らしいものでした。私は本当に感動しました。これまで海外ではたくさん絵地図をやってきましたが、国内では余り多くはありません。昨年のワークショップの後、子どもたち全員から70通に上るお礼の手紙を受け取りました。ひとりひとりの個性あふれる素晴らしい手紙でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/26 11:24
核時代の悲劇の語り部としての日本
核時代の悲劇の語り部としての日本 核時代の悲劇の語り部としての日本 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/13 10:51
パキスタンの刑務所に収容された子どもたちに識字を!
パキスタンの刑務所に収容された子どもたちに識字を! 1998年の暮れ、私はパキスタン政府の社会福祉省の青少年福祉を担当している職員の依頼で、刑務所に収容されている子どものための識字教育活動に協力する機会を得た。当時私はJICA(国際協力機構)からパキスタン政府へ識字専門家として派遣され、連邦政府首相識字委員会(PMLC)のアドバイザーをしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/26 11:58
言葉の暴力ーバスの中で
フェースブックに、このような感動的な記事が載っていました。ご紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/26 11:16
愛と感動のブログーこれだけは読んでおきたい!
 愛と感動のブログーこれだけは読んでおきたい! 1.   お母さんのカマボコ   http://tajimaiclc.at.webry.info/201205/article_17.html 2.  軍事政権下のミャンマーで推進した基礎教育改善のための民主的プログラム ミャンマーに春が来るか。(2006年) http://tajimashinji.at.webry.info/201211/article_1.html 3 .パキスタンで舞台化されたコンキチー http://d.hatena.ne.jp/iclc2008/201... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/09 11:44
パキスタンの子どもたちと識字教育の未来
パキスタンの子どもたちと識字教育の未来 パキスタンの子どもたちと識字教育の未来 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/06 02:46
未来へ命を伝える講演会―目黒母親大会
未来へ命を伝える講演会―目黒母親大会 4月21日(日曜日)、目黒母親大会での講演のご案内です。 田島伸二 (寓話作家・教育者ー目黒区在住)が開催されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/04 04:39
命の文字ー「ままへ。いきてるといいね。おげんきですか」の手紙を書いたまなみちゃん
命の文字ー「ままへ。いきてるといいね。おげんきですか」の手紙を書いたまなみちゃん 「ままへ。いきてるといいね。おげんきですか」の手紙を書いた昆愛海(こん まなみ)ちゃんという女の子 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/25 10:42

続きを見る

トップへ

月別リンク

国際識字文化センター (ICLC)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる